まつげ美容液でまつげの老化はくいとめられる?!

まつげ美容液でまつげを元気にする為の基礎知識

人間の体毛には「毛周期」というものが存在し、「成長期」から「退行期」へ、そして「休止期」という3つの段階を経て、抜けては生えてと新旧交代を繰り返しています。
毛周期の説明
エステサロンやクリニックで脱毛する場合は成長期もしくは退行期に行うと効率が良いとされ、一つの部位を完全に脱毛するのに何年もかかってしまうのもそのためです。 まつげにだって毛周期があります。頭髪が2年から6年なのに対し、まつげは早くて1ヶ月~4ヶ月で生え変わっています。まつげ美容液は成長期の毛に効かせる為に毎日塗るのです。

まつげパーマで乾燥したまつげにはまつげ美容液全体に塗ってケア、加齢やエクステで抜けてしまったまつげケアにはまつげ美容液をたっぷり根元に塗って次に生えてくるまつげを濃く強くそだててあげましょう。

まつげフサフサのおばあちゃんがいない理由

まつ毛がフサフサのおばあちゃんのイラストまつげがぱっちりのおばあちゃんって見た事がないですよね。 なぜならばまつ毛も加齢によって太さを失い、髪と同じようにこしがなくなり、量もへっていきます。年をとると細胞分裂に時間がかかるようになり、新しく生え変わるまつげよりも抜けるまつげの方が多くなるからです。毛もほそくなり、スカスカになっていくのです。

おおよそ、25歳くらいから成長期を過ぎた人間はどんどん老化していくことになります。もちろんまつげだって老化していくんです!まつげ美容液を使ってまつげを若々しく保ちたいものです。

若い頃はアイメイクをしなくてもすんでいたのに30代半ばごろからアイメイクをしっかりしないとボヤっとした印象になってしまうような気がしていませんか?もちろんケアは早めにした方がいいにきまっていますがまつげ美容液は若い女性のものじゃないんです。

なんとなく目ぢからがなくなったと感じている女性のみなさんまつげ美容液をぜひ試してみてください。

まつげ美容液のおすすめポイント

  • 一本の値段は高いですが、2~3か月もつのでまつげ美容液ってコスパがいいんです。
  • まつげ美容液はつけまつげやマツエクと違い日中、グルーがとれる心配がないんです!
  • つけまつげやマツエクはオイルクレンジングが使えませんが、自分のまつげを強く濃くするまつげ美容液はもちろんクレンジングや洗顔料種類を気にしないでOK
  • 花粉の時期は目をこするのでつけまつげがつけれないことが多いですが、まつげ美容液ならマスカラを塗らなくても目力がアップします!

フサフサまつげとスカスカまつげの比較写真こんなメリットがあるならとまつげ美容液の人気も納得ですね。