まつげ美容液の形状と選び方のコツ

まつげ美容液の先の形状は大きくわけて4つ。 「筆タイプ」「フロッキーチップ(スポンジチップ)タイプ」「ブラシタイプ」「コームタイプ」です。 それぞれの特徴やどんな形状のまつげ美容液が塗りやすいのか?メリットとデメリットまとめてみました。

筆タイプ

アイライナータイプのまつげ美容液の形状 メーカーによって多少の差はありますが、細い筆ペン状のいわゆるアイライナーのようなタイプです。一番根元に成分をダイレクトに届けられる気がします。
メリット
  • 上まつげにも下まつげにも生え際に丁寧に塗る事ができる。
  • 量の調節がしやすい。

デメリット
  • まつ毛の毛先には塗りにくい。
筆タイプのまつげ美容液一覧

スポンジチップ(フロッキーチップ)タイプ

スポンジチップタイプのまつげ美容液の形状スポンジ状でリップグロスのような形状です。
メリット
  • まつげ美容液に慣れていない方でも扱いやすい。
  • 気になる部分にまつげ美容液をこってり塗れる。

デメリット
  • 細かく塗り分けることが難しい。
  • チップの先が大き目なので目じりの余計な部分にまつげ美容液がつきやすい。
スポンジチップタイプのまつげ美容液一覧

ブラシタイプ

ブラシタイプのまつげ美容液の形状 いわゆるマスカラのようなスクリュー型のブラシで一番馴染みのあるタイプです。
メリット
  • ブラシ状なので毛先までまんべんなくまつげ美容液を塗ることができる。

デメリット
  • まつげの根元や目じり目がしらなど「キワ」の部分に塗りにくい。
  • ブラシの先端は固めに作られているので、目元の皮膚を傷つけてしまう可能性がある。
ブラシタイプのまつげ美容液一覧

コームタイプ

コームタイプのまつげ美容液の形状 馴染みのある形状で軽量につくられていることが多く扱いやすいです。
メリット
  • まつげ自体にまつげ美容液をつけることができる。

デメリット
  • 根元につけにくい。
  • むらになりやすい。
コームタイプのまつげ美容液一覧

その他

一般的でないのまつげ美容液の形状3種類各メーカーが独自開発しているため、まつげ美容液としてはあまり一般的でない形のものが多いです。

ダイヤルタイプ

メリット
  • 太めの筆なので、簡単に使うことができる。
デメリット
  • 量の調節がしにくい。

球体チップ付きブラシ

メリット
  • スポンジチップとブラシの両方の使えるので便利。
デメリット
  • 目の際など、まつげ美容液が細かい部分に行きわたりづいらい。

スパチュラタイプ

メリット
  • 使い終わったら毎回まつげ美容液を拭けるので衛生的。
デメリット
  • まつげ美容液を塗布しづいらい。
その他のまつげ美容液一覧